緩消法研究会について

緩消法(かんしょうほう)とは2007年に開発された、筋肉を傷つけずに、無緊張な状態に弛緩できる治療方法です。
2012年に学会発表と論文により、世界で初めて痛みが消えることを科学的に証明されました。さらに、技術を習得すれ誰でもできる、「再現性のある」治療方法であることも証明されました。
緩消法は開発されてから、様々な方々に活用されてきました。
一般の方々には、学校形式で自分の体の痛みを治すために、緩消法を習得する方法を指導しています。
このほか、緩消法の技術を活用して、施術を行うための技術指導も行っています。
特に、患者さんを痛みや不調から救いたいと願う、医師や国家資格のある治療家、整体師などの民間の治療家の方々からは、緩消法が「治せる技術」であることを実感いただいています。

医療従事者の方々は、患者さんから喜びの声を励みに、技術向上へ向けて日々、努力されています。

緩消法研究会では、医師や治療家などの医療従事者の方々が、緩消法を活用して、今まで治せなかった症状が改善した事例を報告していきます。
そして、緩消法の技術と可能性を普及させて、痛みや不調に困らない世の中になることを願っています。



症例報告の掲載基準

『緩消法研究会』は、以下の基準にて症例報告を作成しています。

緩消法とは、2007年に筋生理学者の坂戸孝志先生が開発した筋弛緩法になります。

緊張している筋に対し、指先を押し当てたまま筋を伸縮させることにより、筋が限りなく無緊張状態になります。

緩消法の開発により、強いマッサージやストレッチのように筋を傷つけることがなく、患者様の痛みを解消することができ、さらに筋緊張による様々な体の不調を解消できることがわかってきています。

多くの医師や・医療関係者の方々に、患者様を傷つけるリスクが無いともいえる治療法で、一人でも多くの患者様を救える可能性のある治療法を知っていただきたく、症例報告を掲載させていただいております。

また、職業などの記載がありませんが、患者様が今困っている症状をいち早く取り除ける治療法であることをご理解いただける内容としています。


ここにある症例報告は、医師を含めた査読委員会を結成し、倫理的に問題がないことを承認したうえでの掲載となっています。


◆痛みのスケール

痛みの評価は【NRS改変】と表記し、初見時の痛みを10として評価しています。
※NRSは、10:これ以上ない痛みとして国際的に合意されていますが、曖昧過ぎて評価しずらいことと、患者様は今の痛みを治したいので、初見時の痛みを10とし、症例報告に表記いたします。

用語解説


▼新着の症例報告

◆特定症状の症例報告をお探しの際は、サイトフッターの「サイト内キーワード検索」をご活用下さい。

3年前から悪化傾向にある肩の痛みが1回の施術で改善した例

【患者】80代前半、女性
【既往歴】―
【主訴】3年前から急に肩が痛くなり、症状が悪化している。
【現病歴】約3年前に特に誘因なく突然両肩の痛みを発症。以来悪化している。耐えられない時に近医にて痛み止めの注射を受けたり、マッサージ等に通ったりしているが、最近頻度が高くなっているので不安を感じている。
続きを読む

悪化傾向にあった半年前に出現した右環指・小指の痺れの改善例

【患者】40代前半、女性
【既往歴】―
【主訴】半年くらい前から指が痺れている。
【現病歴】約6か月前に特に誘因なく右環指・小指の痺れが出現。近医受診にて異常なしとの診断。特に治療を受けていなかったが、知人に紹介され当院受診。
続きを読む

何をしても改善しなかった1年続く右母趾の痺れが1回の施術で改善した例

【患者】80代前半、男性
【既往歴】―
【主訴】1年ほど前から足の親指だけがずっと痺れている。
【現病歴】約1年前に右下肢に痺れが出現。近医にて検査を受けるも異常なしのとことであった。徐々に下腿の痺れは消失したが、右母趾の痺れが残存している。マッサージや整体に週4日通っていることを知人に話したところ、当院を紹介され受診された。
続きを読む

5年以上続く左殿部痛が約10分の施術で改善した例

【患者】40代後半、女性
【既往歴】―
【主訴】5年くらい前から左のお尻に痛みがある。長時間座っていると悪化する。
【現病歴】約5年前、しりもちをついた後から左殿部痛が発生。特に治療を受けず痛みは軽減したが、消失しない。デスクワークのため長時間座っていると痛みが悪化する。
続きを読む

約10年前に自転車で転倒した際の足関節捻挫による痛みが残存する症状の改善例

【患者】60代前半女性
【主訴】右足の内くるぶしが痛い
【既往歴】約10年前に自転車走行時歩道から落ち転倒した際に右足関節捻挫する。
【現病歴】ー
続きを読む

4か月前の事故の後遺症で首が痛い

【患者】30代後半男性
【主訴】4か月前の事故の後遺症で首が痛い
【既往歴】ー
【現病歴】約4か月前に自動車停車時、後方から自動車に衝突され近医整形外科にて頚部捻挫と診断され加療後、痛みが残存している。
続きを読む

長年続く首痛に対する改善例

【患者】50代前半男性
【主訴】首の後ろに痛みがありスッキリしない。
【既往歴】ー
【現病歴】約20年前より首の痛みがあり多くの整骨院や整体に通院してきた。紹介により来院。
続きを読む

半年前から腰痛の為、歩行困難だった症状に対する改善例

【患者】60代後半女性
【主訴】歩いた時に左腰が痛い。
【既往歴】ー
【現病歴】約6か月前より腰の左側が痛くなり、近医整形外科受診し外用薬処方を受ける。我慢して生活していたが、友人のご紹介により当院を受診。
続きを読む

2年前に発症した左右大腿部の突っ張り感の改善例

【患者】70代前半 男性
【主訴】 数歩でも歩いたら突っ張り感がでる。痛みはないが長時間歩くのが怖い。
【既往歴】糖尿病、高血圧症
【現病歴】約2年前から両足に違和感が出現し、約1年半前から左右大腿後面外側の突っ張り感を訴える。
続きを読む

2年前に発症した背部痛の改善例

【患者】70代後半 女性
【主訴】背中が痛くてずっと治らない。
【既往歴】大腿骨骨折(術後)
【現病歴】約10年前、転倒により大腿骨骨折後、背部痛を発症し消長を繰り返す。約2年前から誘因なく、背部に痛みが発症。近位整形外科にて貼付剤と鎮痛剤を処方されている。
続きを読む