トップ画像

【終了】2018年1月14日(日)

先生顔写真
特別講師のご紹介
都立駒込病院 脳神経外科部長

篠浦 伸禎 先生
1958年生まれ。東京大学医学部卒業後、富士脳障害研究所、東京 大学医学部附属病院、茨城県立中央病院、都立荏原病院、国立国際 医療センターにて脳神経外科医師として勤務。
1992年、東京大学医学部の医学博士を取得。
同年、シンシナティ大学分子生物学部に留学。
帰国後、国立国際医療センターなどで脳神経外科医として勤務。
2000 年より 都立駒込病院脳神経外科医長として活躍し、2009 年より同病院脳神経外科部長。
脳の覚醒下手術ではトップクラスの実績を誇る。

「2015年12月12日週刊現代「人として信頼できるがんの名医100人」に脳領域で唯一選ばれるなど日本を代表する脳外科医師。

【主な著書】
「脳は「論語」が好きだった」(致知出版社)
「脳にいい5つの習慣」(マキノ出版)
「人に向かわず天に向かえ」(小学館)
「驚異の「ホルミシス」力」(太陽出版)
「相性は脳で決まる」(エイチエス)
「逆境をプラスに変える吉田松陰の究極 脳」(かざひの文庫)
「脳腫瘍 機能温存のための治療と手術」(主婦の友社)
「人生の主役になる脳の使い方」(エイチエス)

など他多数

特別講演のテーマ
脳外科医が教える脳を使いきる方法
〜若返り脳をつくる習慣〜



講演風景

"賛助会員"にお申込み頂ければ、こちらの講演の動画を全てご覧になれます。



その他の開催予定